フラット35sの申し込みに消費者金融の借入履歴は影響する?

フラット35sの申し込みに消費者金融の借入履歴は影響する?

マンション購入を考えています。金利の事を考えてフラット35s に申込もうと思うのですが、消費者金融での借入経験があり現在では完済していますが、履歴は残ると聞いて心配しています。本当にこういう履歴は住宅ローンにはかなり影響するのでしょうか。

多少影響はありますが完済しているのならさほど心配はありません

住宅ローンでは消費者金融の借入があるとやはり審査上影響するようです。消費者金融で借金をしている人が家を購入してきちんと返済して行けるかどうかと言う事なのでしょう。絶対に大丈夫と思っても、やはり貸す側としてはそういった所を審査する訳です。ただずい分前に完済していると言う事なのでまず審査の妨げにはならないように思います。

もちろん住宅ローンは低金利な上長期間のローンです。属性と共に個人信用情報機構への照会はかなり厳しくチェックされます。やはり消費者金融での借入はないに越した事はないのですが、以前の事なので仕方がありません。出来る限り頭金を貯えてローンの金額を抑えるなどして負担を少なくしましょう。金額を少なくする事で返済もより楽になり、ひいてはその返済額なら充分対応出来るだろうと、審査も通る可能性が高くなります。消費者金融の借入だけでなく本人の属性が審査には大きな比重を占めます。勤務先や勤続年数年収などが大切なことは言うまでもありません。ローンを申し込む前に、条件などをクリアしておく事も必要です。マンションの購入では単に住宅ローンの返済分のみでなくマンションの管理費、車があれば駐車場代なども月々必要となります。そういった事も含めて計画を立てるようにして下さい。

消費者金融のキャッシングを利用した人がフラット35sで借りる

消費者金融のキャッシングを利用していると、フラット35sで借りにくくなると言われることがありますから、心配になっている方もおられるでしょう。キャッシングの借り入れが影響するのかどうかと言うと、影響しないわけではありませんが、きゃっ死んで借入をしていれば必ず落ちるというようなものでもありません。

では、どれくらいの影響があるのでしょうか。過去に借り入れがって、そして返済をしなかったり、あるいは著しく返済が遅れたりした場合には、それが信用情報として記録されていて、このような情報があると審査に通りにくくはなります。ただ、1回か2回くらい引き落ちしに間に合わなかったと言うくらいであれば、それほど気にする必要はないでしょう。

このような影響はありますが、キャッシングで現在も借り入れがあっても申し込むことはできます。このときにはどのような影響があるのかというと、借りることのできる金額が小さくなることが多いです。なぜかというと、返済できる金額が小さくなるからです。

キャッシングに限らず、他の借り入れがあると、それに対して返済をしていかなければなりません。その分だけフラット35sに返済できる金額は小さくなります。返済期間は最大で35年と定められているわけですから、返済金額が限られてしまうと、それによって借り入れる金額も小さくなってしまうのです。

消費者金融だけではなくて、他の金融機関から借入をしている場合にも同じように扱われます。例えば、クレジットカードのキャッシングを利用しているときにも同じように扱われると考えておきましょう。

このように、借り入れができなくなるわけではありませんが、借入金額には影響してきます。多く借り入れたいというのであれば、キャッシングなどの借り入れについては完済してしまうのが良いです。そうすることによってフラット35sで借りることのできる金額を大きくすることができるでしょう。