クレジットカードを使うという事は要は借金と同じではないですか

クレジットカードを使うという事は要は借金と同じではないですか

クレジットカードを持たない派で、カード類は持っていません。どのカードも使えば結局は借金すると言う事ではないのですか。

クレジットカードは現金より得に使える事もありますよ

クレジットカードで商品を購入する。これは確かに現金を使わず借金をして買い物をすると言う事には違いありません。ただキャッシングは別として商品を購入の時には一括払いにする事で金利はかかりらず、商品購入のポイント対象となればポイントが貯まるという点では得な買い物の仕方と言えます。クレジットカードを持つこと自体が借金につながると考えるのではなく、より便利に使える方法の一つとして考えてはいかがですか。

例えば国内旅行、海外旅行をする時などは、クレジットカードがあるととても便利と感じる時が多いです。航空機の手配からホテルの予約もクレジットカードのサポートデスクでお願いする事が可能です。特に慣れない海外旅行などには強い味方になってくれる事でしょう。他にもインターネットで買い物をする際、クレジットカード決済なら素早く商品を発送してもらえるし、後で振込に行ったり代引き手数料を払って現金を用意する必要もないのです。一括支払いなら手数料も金利もかからず、銀行口座からの引き落しとなるので、手間がかかりませんね。ネット通販などではクレジットカードのみの支払方法のところもあるのですよ。

もちろんクレジットカードは悪用されたり、スキミングされるという危険性がまったくない訳ではありません。そんな時の為に各クレジットカード会社では各種保険制度も用意しています。しっかりとしたカード会社は年会費のかかる所もありますが、保険制度も充実しているところが多いのです。クレジットカードの利点はそれ以外にもたくさんあり、ホームページなどで詳しく確認出来ます。クレジットカード=借金と捉えるのではなく、支払方法がひとつ増えて、得な使い方もできると言う事を知って頂きたいと思います。

もちろんクレジットカードも使い方を誤ると、借金体質になってしまいどうしようもない負債を抱えてしまう危険性を含んでいます。くれぐれも計画性をもって使用される事が大切です。ぜひ柔軟な気持ちで一度クレジットカード会社のホームページを覗いてみて下さいね。

クレジットカードでのショッピングも要は借金です

クレジットカードは決済手段の一つで、一時的に立て替えてくれたり分割払いのサービスを利用できたりと、色々な方法を活用できるのですが、要は借金だということは知っておかなければなりません。一時的にお金を借りているのと違いはないに尾です。

例えば、10万円のものをクレジットカードで買い、翌月一括に指定した場合には、10万円の商品を手にして、翌月の月末頃に代金を支払わなければなりません。クレジットカード会社代金を先に支払ってくれていて、そしてそれを後から返済をするということになるのです。このようになりますから、つまり一時的にお金を借りていることになります。

商品を受け取ってから、そして引き落としが行われるまでは借りていることになるわけですから、要は借金と同じです。クレジットカードをつくるときには審査が行われることが多いのですが、借金であるということを考えれば審査が行われるのも当然のことだと言えるでしょう。

クレジットカードで一括払いを利用した場合には利息を支払うことは必要ありません。これが一般的な借金とは異なる特徴で、一括払いならお金を借りていても利息を支払わなくて良いのです。そのために借りているという感覚がなくなるのかも知れません。分割の場合にはしっかりと利息を請求されます。ですから、この場合には借金と同じだと言うことが分かりやすいでしょう。

借金であるということですから、信用情報にも関連してくると言うことは知っておかなければなりません。返済が遅れてしまうとその情報が信用情報として登録されることになります。その後は新たな借り入れができなくなる事もあります。

また、過去に返済が遅れたり債務整理を行ったりした経歴があると、クレジットカードを持つことができなくなることもあるのです。ショッピングにしか使わないと言っても借金の一種ですから、やはり信用情報が関係してくると言う点には注意しておく必要があるでしょう。